« 2006年12月 | トップページ | 2007年3月 »

2007.02.26

プチクリ学園を見るには

先生の日記にもありましたが、「岡田斗司夫のプチクリ学園」というのは、MOND21という専門チャンネルの番組です。というわけで、これが入る環境にないと見れないわけで。
きっとスカパーしかダメなんだろうな~と悲嘆にくれて、誰か見せてくれないかな~と思ってたんですが、家のCATVでも見れる事が判明しました。よかったー。
というわけで、ふてくされて情報をのっけていなかったんですが、書き込んでおきます。
放送日は・・・・まだ未定みたいですが。

リンク: 岡田斗司夫のプチクリ学園.

| | コメント (0)

2007.02.24

アオイホノオ@ヤングサンデー

今発売中のヤングサンデーに、すこしだけ予告がありました。
14号(3/8発売)、 15号(3/18発売)の二回連載だそうな。
題名は「アオイホノオ」。
ヘッドギアのない炎尾燃らしき顔が出ています。

リンク: 小学館コミック -週刊ヤングサンデー-.

アオイホノオ/島本 和彦

| | コメント (0)

2007.02.18

『学校の階段』実写映画化

「学校の階段」と聞いてもよくわからないんだけど、映画「逆境ナイン」で山下君を好演し、仮面ライダー響鬼の明日夢君ですっかりブレイクした栩原楽人が出演するとのこと。
楽しみ楽しみ。
2007年ゴールデンウィーク、シネマート六本木にてロードショーだそうです。
他地方ではやらないのかな?

リンク: ファミ通文庫◆FB Online◆.

| | コメント (0)

特撮ニュータイプで!

現在発売中のNewtype THE LIVE (特撮ニュータイプ) 3月号の仮面ライダー電王の特集記事の中に、モモタロスの声を担当されている関 俊彦さんのインタビューが掲載されています。その中に、こんなことが・・・。

―ちなみに、関さんは過去に「ヒカルオン」や「炎の転校生」といったヒーローを演じられていましたね。
 ありましたね(笑)。監督さんやプロデューサーさんが「炎の転校生」の主題歌を聴いていたらしく、ああいう感じの前のめりなキャラクターが欲しいですって言われましたね・・・・・・そう考えると滝沢昇が仮面を被ったような感じかも知れないです(笑)。

これはもう、全面的に応援していくしかありません!

リンク: Newtype THE LIVE 特撮ニュータイプ.

| | コメント (0)

ヤングサンデー

例の学生時代のマンガというのは、ヤングサンデー30周年記念の読み切りだそうですね。先生のブログによると、相当くだらなくて面白そうですね。凄く楽しみです。
ヤングアニマルといい、アニメ夜話といい、落語2.0といい、今年の3月はいろいろなことが目白押しですね!

リンク: 小学館コミック -週刊ヤングサンデー-.

| | コメント (0)

2007.02.15

落語2.0

先生の2/15の日記より

ということで「落語2.0」というイベントにも誘われまして どうやら顔を出すことになっちゃいそうです(笑)。

落語風トークライブみたいなもんでしょうか。
先回は1/21に渋谷で行われたみたいですが、今度もそこなんでしょうか?
開催日は3/15?平日?ええーっ!?

リンク: 岡田斗司夫のプチクリ日記: 落語2.0宣言.

| | コメント (0)

2007.02.10

ヤングアニマル6号

ヤングアニマル連絡中、関崎俊三『ああ探偵事務所』の連載100回を記念して、関崎先生と島本先生の対談が企画されたそうです。3月9日発売のヤングアニマル6号に掲載される(なんとカラーで!)ということですので、楽しみに待ちましょう。しかしなぜ島本先生に!?

リンク: ヤングアニマルWeb.

| | コメント (0)

2007.02.04

大学時代の話

先日のブログにて、大学時代がモチーフの作品を云々というお話がありましたが、昨日のラジオにて「発表は春頃」という発言がありました。ということは「吼えろペン」では無くて、全く違うどこかってこと?はたして、どこで発表されるんでしょうね?


リンク: 島本の感想文 | 炎尾 燃.

| | コメント (0)

2007.02.03

BSアニメ夜話であしたのジョー特集!

BSアニメ夜話で、3/27~31にかけて「あしたのジョー大特集」が放送されるそうな。
出崎統監督ロングインタビューや、監督セレクトの第37話「怒りの大特訓」の放映などが予定されているそうだが、そのニュースを伝えるページに、島本先生のジョー本のリンクが!?
はたして先生の参戦はあるのか?

明日はどっちだ!?

リンク: アニメのニュースと情報.

| | コメント (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年3月 »