« 2004年8月 | トップページ | 2004年10月 »

2004.09.28

四日市での撮影日程発表

四日市市霞ヶ浦球場での撮影日が決定したそうです。

10月19日(火)~22日(金)
10月25日(月)~29日(金)

う~ん、二週間もあるとどの日に行くべきか悩むなあ・・・。

伊勢志摩観光コンベンション機構

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.09.27

キャンディーズ

9/27の島本先生の日記から

最近このところコンビニで「ボトル」についてくる「キャンディーズ」フィギュア、「美樹」だけちょっと気合いが足りないな。っていうか全然似てないよ(笑)。美樹のポイントがわかっていないねー。もう少し目を離れ気味にして唇を薄く、でも口は大きく、顔の下のほうに、なんだぞ。まだまだ甘いぞ!興味がないのか!?ミキはキャンディーズではないとでも???ミキに力を入れなくてもイイとでも!?そういう事なのか?ゆ、許せん(全然許すけれど)!!

先生のアイドル遍歴(?)は、作品に投影されているのだけでも松本伊代、小泉今日子、セイントフォー、森高千里、酒井法子と多岐にわたるのですが、そのルーツはやっぱりキャンディーズだったそうで。その中でもミキちゃんファンというところが実に先生らしいなあと思います。(このあたりはキャンディーズ世代じゃないと伝わらない気がしますね)

セブン-イレブン・ジャパン セブン-イレブン限定企画 キャンディーズフィギュアコレクション

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.09.26

山際プロデューサー

ROBOTのHPにプロデューサーの紹介が載っていたので見てみたところ、山際プロデューサーのところにはこのようなことが。

1959年3月23日生まれ。三重県出身
1984年に東北新社に入社、CM部在籍中に「アサヒ缶コーヒー JO」「三菱エアコン霧ヶ峰」等、数多くのTVCMをプロデュース。

三重県が舞台に選ばれた理由の何%かは、この人の出身地だからということがあったのかも知れませんね。
それよりも驚きなのが、「アサヒ缶コーヒー JO」のCMに絡んでいたという事実。
逆境ナインの中で、王貞治に似た亀谷万念というキャラクターが、王さんのまねをしてJ.O.を飲んで

「うまいっ!さすがに王さんが宣伝するだけのことはある!」

とつぶやくシーンがあるんですが、まさかこのCMを作った人がその後に映画化の話を持ってくるなんて!
なんだか壮大な運命のいたずらのようなものを垣間見た気がします。

ROBOT映画部

ちなみに、今回の映画において亀屋君の出番があるかどうか不明です。連載当時ならともかく、王と長島が出てくるのって・・・・微妙ですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.09.25

山下くん!?

ロケの見学でご一緒した人から、「あの山下って呼ばれてた子は、昔ドラマに出てて・・・」とはいう噂話を聞きました。というわけで、いろいろ調べてみたところ、おそらくこの子であろうと思われます。

かわいすぎです。山下にはもったいないです(笑)
無謀キャプテンの突破君なら許せるかな? いや、とつげきウルフを是非!

PICT BOY | 栩原楽人

| | コメント (2) | トラックバック (0)

島本先生の感想

先日のロケを見にいらっしゃった島本先生の感想がアップされています。
すごく「いい気分」なのが伝わってきてなによりです。突発サイン会のことも、あれはあれで楽しんでおられたようで安心しました。バブル人気(笑)
この内容、今夜のラジオでも話されるんでしょうね。玉鉄ファンの人もがんばってラジオを聞いてみてください。北海道の電波とはいえ、意外に入るものですよ。周波数は1440KHz、毎週土曜日午後11時30分からです。

2004年8月~の感想

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2chでスレッドが立っています

2chの芸能・音楽・スポーツ ニュース速報+@2ch掲示板に、映画「逆境ナイン」のスレッドが立っています。
例によって言いたいほうだい書かれていますが、とりあえず情報ということで。

【映画】「逆境ナイン」撮影順調 ロケ地伊勢市で監督ら会見
最新50
全部

| | コメント (0) | トラックバック (0)

撮影の延長

9月24日の倉田山球場での撮影が雨で中止になったため(?)に、9月27,28日にも倉田山球場で撮影が行われることになったそうです。(あいかわらず平日です)

22日までに撮影があったのが、日の出商業VSガッツ高校と、全力学園VSハギワラ率いる黒風高校あらため中々学園の二試合だけのようなので、ダマシタ商戦と王者戦をやるんじゃないかなーと思います。
ちなみに決勝戦は10月19日からの四日市ロケで撮影するんじゃなかなと睨んでいます。(かなり希望的観測も入った予想ですけど)

逆境ナイン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サンデーGXの陰謀!?

サンデーGXの編集者日記より

9月24日(金)
編集長
●『吼えろペン』最終回掲載のサンデーGX10月号、波紋を広げながら発売中。その原因のひとつは、島本和彦氏の新連載予告。実はいろんな事情によりタイトルは未発表。11月号発売まで、お待ちください。

あんなにあからさまに「逆境ナイン」な絵だというのに、タイトルが未発表とはどういう意味!?いったいどんな事情があるんでしょう。いろいろ深読みして、サンデーGXまたは島本先生にメールを送りましょう。(結構楽しんでいるみたいですね)

GX日記

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スポニチに記事掲載

もう昨日になってしまいましたが、スポニチに映画「逆境ナイン」の記事が掲載されました。(やった!全国紙!!)
球を構える玉山君の写真がカッコイイですね。
(だれか、このボールに男球の目を合成してくれないかなあ)

スポニチアネックス 芸能 記事

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.09.23

ROBOTのHPに情報掲載

ROBOTの本体のHPの方に、「逆境ナイン」のクランクインのお知らせが掲載されていました。

[2004.09.22]
羽住英一監督 最新作「逆境ナイン」クランクイン!!
今夏、大ヒットを記録した映画「海猿」に次いで、早くも羽住監督の次回作が決定、クランクインしました。
タイトルは「逆境ナイン」。島本和彦さんの同名コミックを原作に、全く新しいエンタテイメントをお贈りします。
CAST/玉山鉄二 田中直樹 堀北真希 藤岡弘、
official site: http://www.gk9.jp/

ROBOT

| | コメント (0) | トラックバック (0)

GX日記より

9/22のサンデーGX編集日記より

先生!撮影の取材にいってたんじゃないんですか!?(笑) 

編集長
北海道日帰り出張は何度かありますが、それより強行軍だったのが、本日の出張。朝5時起きで行って参りました。訪れた某ロケ現場では精力的に取材する島本和彦氏、某インタビューに熱く応える島本和彦氏、某俳優が持参した某初版本にサインをする島本和彦氏、15歳の某女子高生女優にトランプで負けてくやしがる島本和彦氏、土産に某名物赤福を購入する島本和彦氏、いろんな島本氏を目撃。ざまざまな謎が明らかになるのは、サンデーGX11月号だったりします。乞う、ご期待。

GX日記

| | コメント (0) | トラックバック (0)

決勝戦の撮影は10/19から

例のメールマガジンの情報によりますと、地区大会決勝は四日市の
霞ヶ浦球場で10月19日から行われるもようです。
やっぱり決勝戦は、それまでの試合と同じ球場じゃまずいですよね。
この球場で、100点差をつけられ、男球を投げるわけですな!


なお、来る10月19日からこの映画のクライマックスシーンとなる決勝戦シーンの撮影が、三重県・四日市球場で行われます。撮影を応援していただける方々やエキストラ出演していただける方々を現在、大募集しています。(9月分のエキストラ募集は終了しました)
詳細は追ってご連絡しますが、お近くにお住まいの方や、親戚・知人のいらっしゃる方はぜひよろしくおねがいいたします。一緒に「逆境ナイン」をつくりましょう!

ちなみに、球場はこのへんです。名古屋から1時間弱のところです。

Yahoo!地図情報 - 三重県四日市市大字羽津の周辺地図

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ROBOT映画部メールニュース

下のURLから、ROBOT映画部のメールマガジンを申し込んでいたんですが、そのメールニュース Vol.28に「逆境ナイン」の制作発表の記事が掲載されていました。

タイトルは「逆境ナイン」。島本和彦さんの同名コミックを原作に、全く新しいエンタテインメントをお贈りします。

物語は、廃部を宣告された野球部キャプテン(玉山鉄二)が、その廃部を取り消させるために、次から次へとふりかかる「逆境」の数々を覆し、甲子園優勝への道を進んで行くというものです。
熱いマインドのみでその「逆境」を乗り越えて行く主人公の真直ぐな思考や行動は、私達が忘れてしまった生き方そのもので、いつしかその姿に共感、感動を覚えていきます。

いいこと書いてくれますねえ。これですよ!これ! >中日新聞の記者さん


ROBOT MOTION PICTURE DIVISION - MAIL NEWS

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中日新聞に掲載

逆境ナインの撮影のことが中日新聞および中日スポーツに掲載されました。
写真入りです

中日新聞ホームページ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.09.17

撮影に参加してきました

9月21日 晴れ。
今日は、映画「逆境ナイン」の撮影に参加してまいりました。
撮影シーンは、地区大会準決勝(?)の、日の出商業VSガッツ高校戦。
日の出商業の強さを、全力ナイン(不屈除く)が目の当たりにするというところ。
ここから察するに、かなり原作に忠実に作っている気がします。

休日ということもあり数百人の観客が集まり、kなり盛り上がった応援になりました。
しかし、応援する相手は日の出商業だったわけなんですが。
炎天下の中、一文字のためのボードを掲げたり、必至に応援する顔をしたり、
いろいろ大変でしたが、とても楽しい体験をさせてもらいました。

午後にはなんと島本先生も見学に見えたのですが、目ざといファンにみつかって
サイン攻めにあっておられました。三重県でのファン層の拡大には役に立ったと思います。


撮影は明日も続けられ。、明日は何か記者会見のようなものも予定されているとのこと。
今後、どんなニュースが飛び込んでくるのか!?かたときも目が離せません。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

ロケに行ってきた人が

映画「逆境ナイン」の撮影に行ってこられた方のブログがありました。
今日は、優勝パレードのシーンの撮影だったそうです。
楽しそーっ!いいなーっ!

21日は絶対行きます。

Cafe RENTIER & 珠家

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2004.09.16

中京テレビ

地元の日本テレビ系列局である中京テレビのサイトにて、エキストラ募集の告知が出てました!どんどんと大げさになっていきます。

しかし・・・青春映画って・・・

逆境ナイン - 中京テレビ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

公式サイトオープン

青春(笑)映画「逆境ナイン」の公式サイトのようなものが立ち上がり、エキストラ募集をやってます。
その中で、こんな情報が。

制作:日本テレビ、ROBOT、読売テレビ、小学館、バップ
配給:アスミック・エース
(c) NTV / ROBOT / SHOGAKUKAN / YTV / VAP

ROBOTって、別にフジテレビの系列じゃなかったのね。
STVはたしかNTV系列だったから、ラジオで宣伝しても大丈夫ですね!
しかし、どうして小学館が絡んでくるんだろう?復刻版を出してくれるのかな?
なんだか、「?」の嵐ですね。

逆境ナイン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.09.15

新連載情報

吼えろペンの最終回も楽しみですが、その次の新連載も楽しみです。
期待もたせすぎですよ!>編集長
サンデーGXのページから目が離せません。

9/14の編集長の日記

サンデーGX10月号発売まで、あと4日。編集部には見本本が到着。校了時に読んだけど、思わず再読した『吼えろペン』最終回は、壮絶&驚愕。島本和彦氏描き下ろしイラスト予告ページも必見。知る人ぞ知る、あの名キャラクター3人組が!

9/14の菊介さんの日記
今日発売した某誌のお知らせに驚かれた方も多いかと思いますが、GXを読まれれば、更に驚かれる事間違いナシでございます!!

9/15の編集長の日記

サンデーGX10月号発売まで、あと3日。『吼えろペン』は最終回ですが、1号も休まず11月号から島本和彦氏新連載開始。島本和彦、働き者です。まさにマンガ家の鑑。予告ページには「あの名作の続編が、なんとGXに登場!!」の文字が。ぜひ、自分の目でお確かめください。


GX日記

| | コメント (0) | トラックバック (1)

炎の転校生1999

ササキバラさんのサイトで、炎の転校生の続編についてのコメントがあげられていました。
ログの保存も兼ねて、ここに引用します

「ゲキトウ」の連載が終了したと思ったら、つづけて「吼えろペン」の最終回も間近に迫り風雲急を告げる中、「逆境ナイン」の実写映画化は正式発表されないもののエキストラ募集告知のおかげで公然の事実と化し、なにかと話題に事欠かない島本和彦氏周辺ですが、先月発売された文庫版「炎の転校生(7)」には、実は幻となっていた「炎の転校生」の前後編読み切りが収録され、ようやく簡単に入手できるようになりました。
 「炎の転校生・同窓会を叩け!!」と題されたこの作品は、以前このサイトでも取り上げ、「新現実 Vol.3」の原稿でも触れましたが、内容が自己批評的で興味深いです。一般的な炎転ファンの期待するようなストレートな内容ではなかったため、当時そんなには話題になりませんでしたが、これと「嵐の転校生」(同人誌版)をあわせて読むと、さらに面白いと思います。

ササキバラ・ゴウのサイト

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.09.13

ゲキトウよ永遠に

イブニングフォーラムの最後に、ひっそりとこんな文章が。


島本和彦氏「ゲキトウ」は17号にて第一部終了となりました。発表が遅れて申し訳ありません。現在は長期構想中です。ご理解の程よろしくお願いします。


理解できるかいっ!

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2004.09.11

倉田山球場関連情報

倉田山球場(と、この球場のある倉田山公園)についてWebで拾える情報を集めてみました。まだあるかもしれませんが、とりあえず雰囲気はつかめるかなと。
情報のお持ちの方がおられましたらコメントをお願いします。
あのアストロ球団を生んだ沢村栄治選手の銅像とかもあったりするんですね!

観光案内のページ
観光三重

球場の紹介1
伊勢球場

球場の紹介2
伊勢倉田山球場

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エキストラ急募!

映画逆境ナインの試合シーンのエキストラの募集告知が上がっています。
日程は、9月20日(月)、9月21日(火)、9月22日(水)、9月24日(金)。
このうち休日は20日だけ!という逆境具合ですが、これはもう、行くしかありません。


伊勢志摩フイルムコミッション

| | コメント (1) | トラックバック (0)

さらば永遠の吼えペン号

サンデーGXのHPには、すでに10月号の表紙が掲載されています。
題して「さらば永遠の吼えペン号」
最終回を迎える作品が表紙になるっていうのは、なかなかできることではありません。どんな終わりっぷりなのか、発売が楽しみです。
そして、11月号からの新連載も!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.09.10

ここに同士が!

映画・逆境ナインのロケ地として公表(?)されている協栄学園ですが、私と同じように写真をとりにいった同士が他にもいたようです。もしかしたらニアミスしていたかも!?

ちなみに、どうもここではグラウンドでの練習シーンのみ(?)で、学校のシーンは他のちゃんとした高校で撮影されるみたいです。よかった、あんな真っ赤な校舎じゃなくって。

100円blog:逆境ナインのロケ予定地を撮影してきました!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

堀北真希さん

ここだけの情報ですが、彼女が劇場版逆境ナインに月田マネージャー役だそうです。

fanatic member

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.09.05

伊勢市に行ってみた

撮影が始まる前に場所くらいは確認しておこうと思い、伊勢市に行ってきました。
ここがどのように使われて、どんなフイルムになるのか。とても楽しみです。
とりあえず写真をとってきたので載せておきます。

伊勢市に行ってみた

| | コメント (1) | トラックバック (0)

四日市でもロケが!

伊勢市だけでなく、四日市でも試合があるそうです。

三重 : 地域情報とニュース : YOMIURI ON-LINE (読売新聞)

【以下、上記記事から引用】
 青春映画「逆境ナイン」が伊勢志摩地方を中心に撮影されることになり、「伊勢志摩観光コンベンション機構」(伊勢市朝熊町、県営サンアリーナ内)は、エキストラとボランティアサポーターを募っている。
 「逆境ナイン」は、少年漫画雑誌に連載された島本和彦さんの原作。廃部を宣告された全力学園野球部が「甲子園で優勝したら廃部を取り消す」という校長の約束を信じ、数々の苦難を乗り越えて快進撃を続ける感動ストーリー。

 脚本は放送作家の福田雄一さん。羽住英一郎さんがメガホンをとる。十三日ごろから十月末にかけ、伊勢市倉田山球場や四日市市霞ヶ浦第一球場での県大会決勝戦、伊勢市新道商店街での優勝パレードなどのロケが決まっているという。

 同機構は、映画やテレビドラマを誘致し、観光客を呼び込んで地域の活性化につなげようと二〇〇二年六月、伊勢志摩フィルムコミッション(伊勢志摩FC)を設立。撮影をスムーズに運ぶためのサポートを行ってきたが、具体的に誘致が決まったのは今回が初めて。

 エキストラは、試合の観客や高校野球部員、審判、チアリーダーなど。撮影を手伝うサポーターと合わせ約二千人を募集している。十日まで。問い合わせ、申し込みは同機構(0596・21・1001)。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2004.09.01

これが噂の転校生!

OVA アカネマニアックス
第一章~城二 白陵に立つ~

なんだか、不屈と堀田を足して二で割ったような主人公らしいです

[object]

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2004年8月 | トップページ | 2004年10月 »