トップページ | 2004年7月 »

2004.06.30

風邪?

GX編集者日記(6/30)より

アルチュウ☆
自分もそうだぎゃ、今週はとぉっても忙しくて家に帰ろうかどうか迷う日々。みんな、うちに帰ろうよ。と、日記には書いてみたり。
そんなとき、風邪で某作家さんが倒れたとの知らせが。やっぱこういうときはお見舞いに行くべきではないかと、星紅さんが言ってます。でも、もしも自分が風邪ひいたときに星さんが見舞いにきたらと思うと、なんか背筋がゾっとするので、編集部一同、「早くよくなれ、治ってくれくれ~!」と北の方角に念を送ることにしました。どうか、お大事に。

って、島本先生のことかも?
お体に奇をつけて!と私も北の方角に念を送ることにします。


GX日記

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2004.06.27

143回 疾風!アイアンリーガー

今回は、感謝週刊プレゼントの当選発表とかもろもろ。先週のGガンダムネタに関連して、島本先生がかいかわったもう一つのアニメ作品、「疾風!アイアンリーガー」について、DVD-BOX発売決定記念の、背中押し企画として、ストーリーの紹介と、ビデオ版が出たときの島本和彦絵コンテ版オープニングについいての裏話とかがありました。

たしかにあのオープニングは・・・。一コマ一コマはかっこいいんですけど、全体的なテンポというか、間が微妙ですね。

DVD-BOX。どうしようかなあ。

[ 商品詳細 ] バンダイビジュアル株式会社

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2004.06.26

北辰eFX 読み比べ

さて、島本先生の広告が掲載されているという、三誌を購入いたしました。

サイゾー 7月号 (690円)
週刊SPA! 6/29号 (350円)
宝島 8月号 (630円)

当然のことながら、内容は全て同じ。紙質とか印刷はサイゾーが一番かな。赤とか青とかの発色がきれいな感じがします。SPA!は週刊誌ということでそれなりです。

第1話となっていますが、続くんでしょうかね?続くとしたら、SPA!は週刊、サイゾーと宝島は月刊なのにどうなるんでしょう。SPA!に4週連続同じ回が掲載されるのかな?来週も買ってみないといけません。

ところで、SPA!はともかく、ちゃんとしたビジネスマンが読むこれらの雑誌に、この内容はどうなんだろうか。「あ、なんか懐かしい感じがするな・・・」とか「おっ、島本和彦じゃん!あいつまだこんなの描いてるんだ」とか、ちょっとでも話題になればいいんだけど、このへんの読者層がどういう反応を示すのかわかりません。これをきっかけに、本誌の連載のオファーがきたりして・・・。個人的にはSAP!には書いてほしくないです。なんとなく。  

北辰eFX

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.06.25

ゲキトウ(1)

ついにゲキトウの単行本が出ました。記念すべき101冊目です。
ちょうど、逆境に「目が覚める」ところまでというおいしい内容です。コミックスになると、やっぱりテンポがいいですね。
ところで、島本先生といえば単行本の際の書き直しですけど、この忙しい中、さすがに無いかも・・・と思って確認してみましたら、結構変わってました。先生!さすがです!というわけで、単行本で変わったところ。

p39 明子ちゃんの台詞、「不屈くん」が「不屈キャプテン」になりました。これは実は先生が同級生と勘違いしていたためという裏話があったりするわけですが。

p161 第7話のトビラ。全面書き換え。連続性を意識してか。

p162 1コマ目。元の絵の構図を新しいトビラとして使ったため、顔のアップに変更。前回からの流れがスムーズになりました。

p170 2コマ目。笑いながら投げる不屈の顔がふにゃふにゃだったのがさわやまか笑顔に。前後のページに合わせたみたいですね。連載時の作画の順番が違ったのかな?

p240 1コマ目。唯が立ち上がるのが早いってことか?顔のアップに変更。こうなるとどっちでもいいやんって感じですが。

p187 最後のコマ。打たれた直後の表情。「信じられない」という戸惑いの表情から「え!?なに!?」という驚きの表情に。たしかに、打球が帽子を突き破る勢いで飛んでくるんだから、こっちの表情の方が自然かも。

p203 弟9話のトビラ。バックの稲妻が追加。雑誌では印刷に出ないからと差し替えになったのかも!?

というわけで、全部で七箇所!いつもよりは少ない感じですけど、先生!おつかれさまです!


イーエスブックス - 本 - ゲキトウ   1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.06.23

第13話 スカウト 始動す!

樹齢サウザンド!
やっぱり魔球は、自分で命名するんではなく、他人から呼ばれるくらいじゃないとだめですね!うんうん。

ところで、ついに全チームの名前が明らかになりました。よくもまあ、ここまでひねった名前を考えつくもんですね!そのそれぞれにマスコットがいるらしいので、これも楽しみです。

コミックス1巻については、後日ゆっくりと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.06.22

バトルライブ

全力亭さんの「アニメ店長バトルライブ」が制作好調のようで喜ばしい限り。しかし、声優陣がほぼオリジナルキャストだなんて、なんてうらやましい。地道に活動を続けていればできないことはないんですね!
問題はゲーム音痴な自分に、ちゃんとゲームがクリアできるかどうかだ!

全力亭

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.06.21

漫画家17人による競演!「ブラック・ジャック」

とあるところから教えてもらいました。
題して「あなたはどのブラックジャック先生に診てもらいたいでしょうか!?(・∀・)」

漫画家17人による競演!「ブラック・ジャック」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.06.20

第142回 最終回いろいろ(続き)

今週はSTVの感謝週間ということで、いつもより気合が入っているような入っていないような楽しい内容でした。
個人的には、コンバトラーVのネタがとりあげられたので大満足。いろいろな最終回はあるけれど、どうにも意味がわからないのはあのラスト。何が伝えたかったのか今でもわかりません。

さて、感謝週刊ということで恒例のプレゼントがあります。特賞は定山渓温泉のペア宿泊券!それに外れても、マンガチック新聞を(おそらく応募者全員に)プレゼント!ということでこれは手に入れなければいけません。

STVマンガチックのページ
ひそかにもなみんが「ふろく」を更新しています。
ふろく

| | コメント (4) | トラックバック (0)

第49話 女は度胸で行動だ!

サンデーGX 7月号掲載

ついに仮面編集がクーデターを!
以前、新雑誌創刊の話がありましがた、今度は内部から担当作家を引きつれて独立という、これもまたどこかで聞いた生々しい展開!いいんですか?ここまで描いて!?って感じですね。
ヒーローを招きいれようとしている仮面編集。炎尾とガチンコ勝負をかけるつもり?次号の展開が楽しみです。

今回の言霊

うちの雑誌は大丈夫!!
過去何度その言葉をいろいろな口から聞いたことか?
そして、たった1,2か月後全然大丈夫じゃなくなった雑誌をいくつ見たことか!!

サンデーGENE-X

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.06.18

北辰eFX

サイゾー7月号に島本先生の広告マンガが載ってます。
人呼んで「ホクシーンeFX」
まさかいまどき変身ヒーローモノの広告マンガなんて!先生さすがです。敵の下っ端がかわいい。まさかとおもうけど「第1話」というからには連載化?大丈夫なんだろうか・・・。

ちなみに、今後、SPA! と 宝島 に掲載されるみたいですが、サイゾーが一番版型が大きいのでおすすめかも。どうせ全部買うんでしょうけど・・・(笑)

月刊サイゾー公式ホームページ【ウルトラサイゾー】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.06.16

島本和彦論 by ササキバラ・ゴウ

いまごろ、と思いつつも、「新感覚3」のササキバラさんの評論を読んでみました。
「「〈美少女〉の現代史」で語られていることと同じなんですけど、こちらのほうが、より「僕たち」に向けられた文章のような気がします。60年代生まれの、現在40代になってしまったオタク者に。


ササキバラ・ゴウのサイト
新感覚3 (イーエスブックス)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.06.15

文庫版・炎の転校生(6)

「炎の転校生」文庫もはや6冊目。全7巻というから、これがラスト前。そーか、ブラックとの五番勝負ってこんな後半だったんだ・・・。

さすがに本編の書き直しはないもよう。あとがきマンガが好調。
「必殺技の概念が昔から成長していない!」
それを言っちゃあおしまいよ。それにしても、必殺技ってのがすでに死語になっていた時代、ギャグのふりをしながらも、必殺技に真正面から向き合うという島本先生の姿勢は当時としては画期的なことで、そういう形でしか「熱血」は生き続けることはできなかったでしょう。ササキバラさんの説にいろいろ感化されているわけですが、80年代のマンガ史の中で、島本先生の果たした役割は大きかったと思います。

Amazon.co.jp: 本: 炎の転校生 6 (6)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.06.13

141回 最終回いろいろ

気になる最終回、納得いかない最終回、好きな最終回、いろいろ出てきました。
「ラ・セーヌの星」の最終回が、そういう話だったというのは知りませんでした。お茶の間の正義というのはそんなもんですか。

先生のマンガ論における「最終回」については、同人誌の「燃えよペン」の何巻目かで解説されていましたが、細部のつじつまはどうあれ、テーマ的にきちんと決着をつけること、というのを重要視されています。たしかにその通りで、テーマがきちんと終わっていない、それ以前にテーマがしっかりしていない作品は、最終回を迎えたとしても気分的に納得ができません。感動できる最終回を迎えてはじめて、名作が名作足りうると思います。

そう思って先生の作品を振り返ってみると、どれもこれもしっかり最終回していて感動します。
特に、もはや逆境は必要ないと言い切った「逆境ナイン」や、危険を顧みずに己を貫き通した男がそれでも胸をはって生きる姿を描いた「レッドカード」は、それまで積み重ねられてきたストーリーが凝縮されて一気に飛び込んでくるインパクトを兼ね備えており、何回読んでも感動してしまいます。

ラジオの話からじぶん脱線してしまいました。
来週は感謝週間ということで、定山渓温泉の宿泊券をはじめ豪華賞品のあたるプレゼントのキーワードが発表さえるそうですので、お聞き逃しのないように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.06.11

吼えよ!デブゴン

島本先生を応援するブログを発見したので、ついトラックバック。
良く観たら、ここの開始早々にコメントを下さった方ではありませんか。うーん、世間は狭い。

吼えよ!デブゴン

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2004.06.10

第12話「倒れたら立て」

ついに魔球の正体が明らかに!
その名も、樹齢千年(サウザント)!
男は倒れても、またすぐ立ち上がってひとつ年輪をこしらえて
ひとまわり大きく、太くならねばならない!
樹木の年輪は一年に一つだが、人間の年輪は必ずしも一つではない!
一年間にいくつも年輪を刻む男もいれば、ひとつも刻めぬ男もいる!

ひとことひとことがガンガン響いてきます。
そうだよ!そのとおりですよ!


勢いがついてきました。
このままどどーっといってほしいですね。


ユネスコ世界遺産(屋久島・千年杉)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004.06.08

新人アシスタントはエヴァが好き

先生の日記より。

みんなでガンプラを買いにでかけて、みんなが

  「旧ザク」

  「ランバラル専用旧ザク」

  「黒い3連星仕様の旧ザク」

  「ランバラル専用グフ」

って買っているなかで、ひとり

  「エヴァンゲリオン量産機 EVA-05」

を買うだなんて・・・。
世代が違うというのか、自分を曲げないいい根性というのか、空気を読めないのか、よくわかりませんが、とにかく新人アシスタントさんが無事、入ったみたいですね。
よかったよかった。

2004年1月~の感想

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.06.06

140回 新造人間キャシャーン

6/4のマンガチックにいこう!は最近映画も公開された「キャシャーン」について。
結論からいえば、島本先生の採点は40点。映像に30点、アニメ版のラストへの想いに+10点とのこと。
ちなみに先生は、アニメ版のテーマソングを脳内で流しながら映画を見ていたそうな。納得いかない作品について、自分的演出で脳内で変換して観るという才能(?)、ある程度以上のオタク者には備わっている能力と思いますが、先生のは群を抜いてます。
そういうところが先生の魅力でもあります。

タツノコワールド-新造人間キャシャーン-

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.06.05

仮面編集の野望?

6/4の日記より

>>仕事場に色々な用事でGXの副編の方が
>>いらっしゃったりなんだり・・・
>>またとてつも無い事を考えてて
>>「とてつも無い事考えちゃったんだけど・・・
>>始めたら倒れちゃうかも。やったほうがいい?
>>やめたほうがいい?」
>>などという答えのわかってる質問を(笑)してきたので、
>>今月でる「サンデーGX」の吼えろペンの炎センセイの
>>ような答えをしておきました。・・・
>>って、あ、まだでるの先か。すんません。

なんだろうか・・・。
サンデーGXの編集日記によれば、星紅女史の匿名とか。
うらじぇねの件といい、踏みつけ写真広告の件といい、
思いついたらなんでもやってしまうGX編集部は、
楽しみな反面、ちょっとどうかな~と思うこともちらほら。

前向きに、いい事でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.06.02

北辰eFX

先生のHPの5/28の日記より。

>>SPA!とかに来月載る「北辰eFX」の漫画形態広告(2Pなんだけれど実質5P?)

いったいこれは何なんだ?
というわけで、北辰eFXをチェック
http://www.hefx.ne.jp/

なんだか、投資だかマーケットだか、そういうお金儲けの会社らしい。
んでもって、SPA! も立ち読みしてみると・・・あるある、広告記事。
へ~、これに島本先生が!?いったいどういう内容になるんだろうか。
ちょっと楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004.06.01

第36話「1+1=ピンキー」

きゃらびぃ82号(2004.6.1) 掲載

「2P兄沢」はなんとか撃退したものの、「2P道玄坂」に負けを喫した兄沢陣営!
舞台はアニメイト秋葉原店に!殿鬼 VS 2P殿鬼 の対決は、意外な方向に!

なにやらテーマっぽい台詞やら決戦の予感やらで、先行きがちょっと不安な展開ですけど
目が離せなくなってまいりました。


ちなみに・・・

「アニメ店長」というのは、アニメショップ animate(アニメイト)のイメージキャラクター。
イメキャラなら萌え系!という定説を覆して、あえて燃え系で勝負するあたりが先生らしい。
コミックス1巻発売中!

アニメイト、アニメ店長オフィシャルページ
http://www.animate.co.jp/aniten/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

島本まにあ、スタート

せっかく複数のウエブログが持てるんだからということで、島本和彦先生ネタ専門のブログを立ち上げました。
人よんで「島本まにあ」
名前に負けないような濃いブログにしていこうと思ってます。

とりあえず一つ目なので、普通に。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

トップページ | 2004年7月 »